無農薬野菜の作り方

無農薬野菜の作り方についてご紹介しましょう。


チッソ分を与え過ぎないようにしましょう。
無農薬野菜を栽培する場合には、施肥をバランスよく行うことが大切です。
しかしながら、よく害虫が発生する要因になるのがチッソ分が過剰になることです。
土が酸性になるとよく害虫が発生するため、葉の状態、畑の酸性やアルカリ性などを確認しながら施肥が過剰にならないように注意しましょう。


できるだけ化学肥料は使わないようにしましょう。
美味しくて害虫に強い無農薬野菜を作るためには、できるだけ化学肥料は避けて、肥料の有機質のものを使いましょう。
肥料の有機質のものは長く効果が続く一方で、追肥としては遅効性であるため使いにくく、化成肥料に比較して効果も低いものです。
しかしながら、土壌を改良する効果が期待できるため、畑は害虫に強いものに次第になってきます。


土は肥沃なものを作るようにしましょう。
いい土というのは、オケラやミミズなどが多くおり、肥沃な有用微生物が豊富に繁殖しているものです。
このような土から採れた無農薬野菜は、栄養価が高く美味しいのみでなく、害虫が発生しません。
土壌生物を育てる有機質肥料は、野菜が害虫に対して強くなります。
一方、化学肥料の場合は有用生物がいない土になり、野菜が害虫に対して弱くなってしまいます。


無農薬野菜を作る場合には、このようなことに注意しましょう。


本サイトでは、要因を発生させない、ジャガイモを育てる、害虫が発生しない、についてご紹介します。


≪特選サイト≫
青森の肥沃な土から採れた無農薬野菜の通販サイトです=> 無農薬野菜 通販